忍者ブログ
~果樹園 なすのさんち のBlog~
[10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
今年は我が家の畑でどんな品種が良く育つのかを把握しておきたかったため、多くの品種がところ狭しと生えています。
白菜も今年は3種類を栽培しました。
本年は早生品種を3種類
・耐病60日(交配種)
・愛知白菜(固定種)
・野崎白菜(固定種)
です。
結果は「耐病60日」が安定して栽培ができました。
F1種ではありますが、そのため耐病性にすぐれ、根こぶ病のある畑(友人の畑)であっても丈夫に生育してくれました。
さすがは交配種。
白菜自体、種のとりにくい品種であるため、 結球野菜は毎回買ってくるという割り切りをしている人に「耐病60日」はお勧めだと思いました。
自然栽培・自然農法であっても、無農薬種子もありますのでよいかと思います。

ついで、野崎白菜、愛知白菜の順で生育の良さに差がでました。
驚くべきは野崎白菜二号の生育です。
いよいよ白菜の収穫時期間近となった今日、真っ先に収穫できたのは「野崎白菜二号」でした。
「野崎白菜」は愛知県の伝統野菜として知られ、その栽培の難しさと日持ちの弱さの点から流通に出ることはほとんどなく、地産地消が主体である「幻の白菜」とも呼ばれています。
その繊維は柔らかく、食味がとてもいい一方で、耐病性が非常に弱く、連作障害や病気が必ず発生する土壌ではまずうまく栽培できない品種です。
幸運なことに、今年、私の畑ですくすくと成長し、ついに本日収穫することができました。
早速昆布出汁のきいたお湯で煮るとその色は若草色がとても鮮やか。
食味は、うわさどおり繊維がとても柔らかく、白菜独特の筋ばった感覚がありません。
本当に美味しいです。
恐るべき、野崎白菜・・・
出荷向きでないのが本当に残念。
来年は自家用白菜として活躍してもらおうと思います。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]