忍者ブログ
~果樹園 なすのさんち のBlog~
[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16
リンゴの剪定、だいぶ遅れ気味です。
現在はまだ勤めながらの作業となっているため、本格的に作業が出来るのは4月に入ってからになります。
しかし、4月だけで終わる広さではないのでコツコツと進めている次第です。
今年限定で土日にヘルプほしいくらいです。

さて、野菜種子の発注をしてから3週間がすぎました。
随時届いており9割方そろいました。
一見欄はまたインフォメーションします。
レストランにも出荷できるよういくつかイタリア野菜も入れてあります。
今年の発注店は、下記の3店です。

・自然農法国際研究開発センター
・種の森
・つる新種苗

いずれも自然栽培や有機栽培、種へのこだわりのある種苗会社で有名で信用があります。
ほかに木村秋則さんとつながりがある野口種苗さんなど固定種を中心に扱っているお店もあり、来年少しお願いしてみようかどうか検討中です。

明日から明後日にかけて小型踏み込み温床の仕込みとナスの種まきを開始する予定です。


小型踏み込み温床は私の先生が考案したものです。
ナスの播種だけのために大型の踏み込み温床を用意するのは労力的にも時期的にも厳しいため水が安定的に手に入る3月まで待ち、代わりに小型の踏み込み温床を用意しなナスの芽出しだけを先に進めておきます。
小型であれば、今ちょうどいいタイミングで雪が積もっているため、ビニールハウスの中で溶かして使う予定です。
現在、キングタライの中で雪がちょうど溶け切りました。

育苗するナスの系統は一般的なもののほかに米ナスを3~4種類(青ナス、白ナス、縞ナス等)を育苗予定です。
特に米ナスはトロトロこってりとした食感で美味です。
見た目もヘタが緑で個性的な色をしています。
見て楽しく食べて美味しい系統です。
ぜひ、育ててみてください。


毎日外で剪定作業をしているとほんのわずかな空気の違いにも敏感に感じとることができます。
節分・立春をすぎてから2日ほどたった日から冷え込みがゆるくなり、今週は春風の香りがします。
きっと昔の人もこんな寒い中の時期でも暦上「立春」にしたのはこの空気を感じとっていたからなのかもしれません。
しかしどうやら明日からまた雪が降るようです。
昨年の悪夢がよみがえってきますが、ここ安曇野はどうやら積もるまではいたらないみたいで、この環境のよさは本当に感謝感謝です。
万が一のことがあっても今年はビニールハウスの守護神「だるまストーブ」が守ってくれます。
今シーズンもすでに2回守っていただきました。
残り2ヶ月もよろしくお願いします。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]