忍者ブログ
~果樹園 なすのさんち のBlog~
[75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
安曇野では暗黙のキーワードである「無農薬リンゴ栽培」。
地域からその単語がでると批判が間違いなく飛ぶのでこのことについて更新することはかなり躊躇したのですが、今回苗を植えた場所は周りにリンゴ畑はなく、ご近所にも迷惑をかけずに済みそうな環境ですので、「試験区」としてBlogに公表しようと思います。

就農してずっと取り組んでみたいことでしたので、いろんな勉強会に参加しイメージを膨らめ、もはやあとは実践あるのみ、”できるかできないかは置いておいてまずやってみる”ことにしました。

成功したら使える技術でありこれからの栽培に兆しも見えますし、失敗しても原因を特定することで減農薬へのフィードバックにもなります。
せっかくのリンゴ一大生産地、次のワンステップの可能性をしっかり考えていきたいと思います。

昨年、その準備にとりかかり、2年つづけた自然農の畑にリンゴ苗を作ってみました。
もちろん無施肥無農薬。
めちゃくちゃ立派な苗ができました。
通常のリンゴ苗の1.2倍の長さと太さはあるでしょうか。
出来るもんだーと自分自身が一番びっくりしてしまいました。




一番大きなものは、すでに今年発芽予定の芽まで発芽し枝になってます。


やはり健康な「土」「品種」「生態系」があると育つものだと実感します。
あまりにも立派な苗なので大きくなる可能性を見越して3m間隔(一般は1.5~2mなので倍の広さ)で植え付けました。




最後に支柱に誘引して完成です。





支柱からちょっとだけスペースを空けるのがコツです。
支柱に触れてしまうと、触れている部分だけ発芽しないので片面しか枝が出てこなくなります。
全体にまんべんなく枝が出せるようにする工夫です。

果たしてうまく育ってくれるでしょうか。
ワクワクと不安とねずみ害で気持ちがいっぱいです。
これからまた少しずつこのリンゴ達の更新もしていこうと思います。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
6月9日
こんにちは。

FBでメッセージした、下川です。

ぜひ、6.9の切り上げ剪定講座にご参加ください。
りんごの自然栽培の近道と確信しています。

安曇野の松村さんが昨年9月から学び、今季から導入されています。

北信では、飯綱 芋生の林農園が導入して3年、若穂に2年目の園、私は昨年学んで今年が導入1年目です。
B4 2017/04/15(Sat)13:14:27 edit
これは楽しみです
周りにリンゴがないところで、苗から試験できるとは贅沢ですね。
ネズミは心配ですが、経過を楽しみにしています。
横の草を活かしていくならネコ草(エンバク)にしてしまうとか?
ナ丶ノスイ呆 2017/04/15(Sat)13:33:09 edit
下川さま
FBなどご丁寧にありがとうございます。

松村さんの圃場での講習会私も参加の予定でおります。

当日を楽しみにしております。
果樹園なすのさんち 2017/04/17(Mon)00:17:18 edit
ナ丶ノスイ呆さま
本当に試験圃場としてなので私もとても楽しみです。
収益を気にすることもないので焦りもありません(笑)
目的は「最終的に成功させる」こともそうなのですが「なにが失敗に繋がるのか」を見てみたいからです。
自分の「良かれと思っていたイメージや知識」と「現実」の差が何なのかを知りたいので実施してみました。

緑肥は相手が果樹ですので多年草類のイネ科にしようと思っています。
緑肥の品種はいくつか候補はあるのですが、これも実際にやってみていいかどうかの判断ですので、また経過を発信していこうと思います。

ぜひ、気長にお待ちください!
果樹園なすのさんち 2017/04/17(Mon)00:33:39 edit
Powered by Ninja Blog Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]